金融労連近畿地協    
全国金融労働組合連合会近畿地方協議会

ホーム ニュース 近畿地協紹介 機関紙 リンク

更新日 2019年4月4日

相談できる仲間が増えてよかった

近畿地協2019春闘学習会

910日、京都「石長松菊園」で近畿地協春闘学習会が開催され、関東、東海、北陸、中四国、九州沖縄からの参加者を含め30人が参加しました。

主催者を代表して岡野議長は、「奴隷と同じような働き方をされている現状を改善するのは労働組合しかない。『働き方改革』の危険な中身をよく学んで、『働かされ方改革』にならないようにしてほしい」と挨拶しました。

次に、愛知県学習協会長の吉田豊氏から「〇〇したい!から始まる労働組合活動」と題した迫力ある感動の講演を受けました。

吉田先生は、「演題とは裏腹に職場から『〇〇したい』という要求が出てこない現状がある。生活実感が『苦しい』としながら賃上げ要求がストレートに出てこない。生活で月5万円不足するなら5万円の賃上げ要求が出されて当たり前なのに、春闘期待値としては1万円程度しか出てこない。それじゃあ足らない分はどうするのか?我慢するか副業するかだ。

春闘で何とかしようという状況になっていない。労働組合がていねいに聴きとらないと要求が見えてこない」として、その原因となっている「『せめてこのままでありたい』という、薄っぺらな現状維持型の保守的な『常温社会』からの脱却」を訴えました。

「『明日のための今日』としての活動が大切であり、そこに労働組合の存在意義がある。しかしながら、日本では少しずつ悪くなっている状況に慣らされる『ゆでガエル』現象が進んでいることが心配だ」と警鐘を鳴らしました。

「次の時代の組合活動家は、『何がしたい』という、イベントの企画から反省会までの『ひとまとまりの経験』によってこそ生まれること、『成功体験』によって『あきらめ・やってもムダ』の風潮を変えられること」など具体例をあげて、今春闘への決意を強く訴えました。

また、「働き方改革」についても有給休暇最低5日間取得の義務化、時間外上限規制、36協定の変更点などについてもわかりやすく解説されました。

乗り可能というのはその通りだ」「ひふみんアイという言葉が印象に残った」「分散会でアドバイスをもらえて少し気が楽になった」「動くことの重要性を痛感した」「憲法28条の特別な意味がよくわかった」「『権利』は、個人の利益ではなく、当たり前の『権理』だという、言葉の意味が理解できた」「分散会で『もう我慢し続けることは終わりにしよう』という言葉が印象に残った」「36協定の変更点が理解できた」等々の感想が寄せられました。最後の全体会議では、分散会の報告に続いて、参加した各地協・単組から決意が表明され、春闘勝利に向けた団結ガンバローを唱和して二日間にわたる学習会を終了しました。

  




金融労連西日本事務所 
〒541-0045大阪市中央区道修町3-3-10 大阪屋道修町ビル6F  
TEL: 06-6223-0772  FAX: 06-6203-0072
E-mail:  z-kinki@ddknet.ne.jp   
Home Page:  http://www.ddknet.ne.jp/~z-kinki
Copyright(C) 2009-2019 金融労連近畿地協 All rights reserved




政治、社会情勢を自分の目で見て、学習が大事!

近畿地協第13回定期大会

平成30年1027日(土)、近畿地協第13回定期大会が大阪国労会館で開催され、代議員・役員な
25
人(委任状1含む)が参加しました。主催者を代表して岡野議長は「政治、社会情勢を自
分の目で見て、しっかり学習していくことが大事。」「災害時、金融機関の閉店は銀行の裁量で
できるよう金融労連として要請して欲しい。」と挨拶しました。
続いて来賓として、金融労連本部・中島中央執行委員長、地元の労働組合から大阪労連・中島事
務局次長、倉林参議院議員より安倍政権再選後
の政治・経済情勢や職場での活動を踏まえた激励
のあいさつを受けました。

                         

次に、阿部事務局長より「たたかいの総括とすすめ方」の提案、伊藤事務局次長より「決算報
告」と「予算案」の提案を行った後、討論に入り
6名
の仲間が発言しました。

 討論では、「エリア制の実施がサービスの低下にならないよう、今後どうなっていくか見極め
、組合として経営と交渉し、改善させていきたい。」「人事制度改定の導入に対して、激減緩和
要求書により、臨給の減額を是正させていく。」「非正規の昼食手当、通勤手当、慶弔休暇を是
正させた。差別は許されない。」「非正規の交通機関での延着証明を要求し続け、実現させた。
」等々、成果や職場実態、組合活動の大切さが報告されました。

全議案を満場一致で採択し、新役員選挙の開票時間を利用して、伊藤事務局次長から
watashiの憲法カレンダー」の販売促進が訴えられました。

新役員を選出した後、岡野議長が新役員を代表して決意表明を行い、阿部事務局長の音頭でガン
バローを三唱し閉会しました。

大会で選出された新四役は次のとおりです。

議 長   岡野 展子(池田泉州銀行従組)

副議長   松島 照男(金融ユニオン・大阪分会)

副議長   辻 昇三 (金融ユニオン・直属)

事務局長  阿部 正巳(京都北都信金従組)

事務局次長 伊藤 宗孝(金融ユニオン・直属分会)


金融労連西日本事務所 
〒541-0045大阪市中央区道修町3-3-10 大阪屋道修町ビル6F  
TEL: 06-6223-0772  FAX: 06-6203-0072
E-mail:  z-kinki@ddknet.ne.jp   
Home Page:  http://www.ddknet.ne.jp/~z-kinki
Copyright(C) 2019 金融労連近畿地協 All rights reserved